あえて汚れ易い環境に愛車を出すのを躊躇う様になってしまい

船橋でおすすめされたカーコーティングを始めてからのデメリットについては、それ程深く考えた事も感じた事も無く、純粋に愛車がピカピカの状態で長持ちする様になったというメリットと喜びの前に全て霞んでしまっていた程だったのですが、1年ほど経ち少し冷静になってみると、ちょっとした不便を感じるケースがある事に気付きます。
とは言っても、これはあくまでメンタル的な問題なのかも知れませんが、要は愛車を多用途に気軽に、ラフに用い難くなってしまったという事です。
あまりに綺麗にカーコーティングが仕上がってしまったが故に、その状態を崩すのが怖くなってしまい、これまで大好きだったアウトドアの汚れ易い環境に愛車を持ち込むのも少し躊躇する様になってしまいましたし、荒天時も土砂汚れを警戒して積極的に車を出せなくなってしまいました。
確かに土砂汚れに強い構造であり、その為のカーコーティングなのですが、綺麗な状態の物を、あえて汚れる環境下に自ら晒しに行く事に対する抵抗感の方が強く感じられてしまうのです。
結局これは慣れしかないと思うのですが、冷静に愛車の酷使ぶりを考えれば、もう少し安価なコーティングで済ませておけば良かった、と現在ではちょっと反省しているのです。