水を使ってバイクを洗う時の注意点

バイクは車と違ってエンジンや部品が外に出ています。そのため、ドライブをしている時にエンジンや部品が水や泥で汚れてしまうことがありがちです。ドライブ中に自分が気づかない内に自慢のバイクが汚れているケースがありがちなので、走行が終わったタイミングでひどい汚れがバイクについていないかチェックする習慣を持つことが大切です。もし汚れがひどい時には軽くてもいいので汚れを拭き取るようにするといいです。洗車にあまり慣れていない人は、気をつけないとバイクにダメージを与えてしまうリスクがあります。例えば、汚れがひどいときに勢いが強い水をかけて落とすことがあるのですが、デリケートな部分に強い勢いの水をかけると水分のせいで壊れてしまうリスクがあるので注意が必要です。水に濡れない方がいい部品に水がかからないように洗うことは大切です。もし上手く水を使ってバイクを洗うのが難しいと感じるならば水を使わなくても洗えるシャンプーを使うといいです。