まめに点検しさえすれば廉価版タイヤでも長く安全に

そろそろ交換時期に差し掛かったカータイヤを新品に交換する際、やはり誰もが気にするのはタイヤの値段でしょう。多くのタイヤショップでは数千円の工賃、また時として同時に行うアラインメント調整の費用も請求されますから、タイヤ代だけでなく相当の余裕を持っておかないと不便を生じる事となってしまいます。
普段からカーオーディオやカーセキュリティを取り付けてくれる専門店と懇意になりショップ会員に登録すれば、工賃に関しては次回交換時から無料となるパターンが多く、若干は安価になるものの、やはり最大のネックはタイヤ自体が持つ数万円という値段の高さでしょう。
海外製ならともかく、基本的な品質に優れた国内有名タイヤメーカーの製品であれば、最安値が付く廉価モデルでもそれなりの走行性能を発揮してくれますから、軽やコンパクトで街乗りがメインという使い方であれば、むしろこちらを選んだ方が正解と言えるかも知れません。
一方アウトドアである程度のロングドライブをも楽しむ私も現在は廉価モデルのタイヤを履いているのですが、エアのチェックを普段からキッチリやっておけばトラブルも全く出ず、大変快適にドライブをこなしてくれると感じます。
タイヤの場合は品質やグレードよりも、ドライバーが普段から真剣に点検・メンテを行う姿勢を持つ事により、安全性や寿命が大きく向上してくると信じています。