ガラスコーティングで汚れをつきにくくする

バイクはタンクやカバーなど一部の場所はワックスをかける事が可能です。最近ではワックスに変わりバイクにガラスコーティング剤を使う人も多くなりました。見た目からしてつややかで水にぬれたような輝きを長い期間維持し、汚れを付きにくくしてくれるのです。

 

バイク店などでも施工してくれるのですが料金は割高であり気軽に施工してもらうには決断が必要です。しかしガラスコーティング剤は店でもネットでも手に入るので自分で施工することが可能です。

 

施工手順も難しくはないので説明書の通りに施工することが大事なのです。強固な皮膜が車体を傷から守ってくれるうえ、汚れから守ってくれる事はバイクを維持する上でモチベーションも上がるのです。

 

また、ガラスコーティング剤でヘルメットも加工すれば同じような効果が期待されるのです。手間暇かけて手入れしたバイクはそれだけ愛着もわきますので時間の合間を見てガラスコーティングを施工してみるとよいかもしれません。