ドライブする前と後でメンテするべき

バイクメンテナンスをするときにはどれくらい部品が劣化しているか考えることが大事です。外から部品に亀裂が入っているのを確認することは簡単ですが、外から見てもバイクの異常が分からないこともあります。そのため、バイクを買ってからどれくらいの期間が経ったのか確認して部品を定期的に交換することが大事です。外からチェックしても経年劣化している部品を見つけることは難しいです。部品を交換しないでドライブしていると、急にバイクが走らなくなるといったトラブルが起きてしまうリスクがあります。私は劣化防止のためバイクに錆止めのコーティングを施し定期的なメンテナンスを欠かしません。

 

また、バイクメンテナンスはドライブする前と後でするべきです。ドライブする前に異常が無くても長くドライブした後で異常が出てきてしまうことはよくあることです。ドライブした後でバイクメンテナンスをする習慣を持つことでいち早く自慢のバイクの異変に気づくことができます。特に山道のようなでこぼこした道をドライブしたあとにはしっかり状態を確認するようにするべきです。